靴 鞄 修理 クリーニング

靴 鞄 修理 クリーニング

靴 鞄 修理 クリーニング

靴のお手入れ方法 その1パンプス・ビジネスシューズ編(除く起毛、エナメル)

今回はビジネスシューズのケアについてご紹介させて頂きます。
尚、今回紹介する事例は当社従業員(事務職)が実際行っている手法ですが、素材、使用頻度、状態で仕上がりに差が出ることを予めご了承願います。(あくまでも経験に基づくレポートで根拠のあるものではありません)

  1. 毛足の長いブラシを使って埃を落とします。(コバ部分を中心にしっかりかけてください)

    (奥) 埃落とし用のブラシです。
    毛足が長く柔らかいものを使用してください。馬毛ブラシがベストです。

    (手前)クリーム用ブラシです。
    少し硬めのものを使用してください。ナイロン製の毛は避けてください。

    靴 鞄 修理 クリーニング

  • スティンリムーバーを使って革表面に付いている古いクリーム、汚れを落とします。
    雨、汗ジミ、乳化性クリームは水性のスティンリムーバで、油性ワックス、リキッドにつきましては油性のスティンリムーバを使います。
    使い古したTシャツ等、柔らかい布にスティンリムーバを染み込ませ、靴全体に塗布し、軽く擦って拭きあげる感じです。(シミになりやすい染め革等は、軽くドライヤーで乾かし、乾いた布で磨くように拭きあげてください。

    (左)サフィールの油性リムーバーです。油性ワックスも落とせます。

    (右)水性リムーバーです。泥、汗、水性の汚れに最適です。
    (青のキャップはシーズンオリジナル商品です)

    靴 鞄 修理 クリーニング



  • 少し硬いブラシに靴の色に合った乳化性クリームを綿棒でまぶし、靴全体に軽いタッ チで塗り広げます。(乳化性クリームは堅いもの、柔らかいもの様々ありますが、できるだけ柔らかいものをお勧めします。また、布で塗り込むのは革の毛穴が詰まり、拭きあげる時にムラになりツヤが出ませんので、必ずブラシで薄く塗り広げて下さい。また、色合わせは、綿棒で目立たないところに少し塗ってみて行ってください) 全体に広げたらブラシ全面を使って大きく早く動かし、塗ったクリームをこそぎ落とす感じでブラシをかけてください。(摩擦熱でクリームが溶けます)

    靴 鞄 修理 クリーニング

    (左)油性ワックスです。

    つま先や踵を部分的にテカらせるのに使用します。展示用の靴には全体的にこれを塗り込んだものも見られますが、履きジワ等、革が曲がる部分は割れますのでお勧めできません。また、革表面の毛穴を完全に覆いますので、革にとって負担が大きいことも事実です。さらに、メーカーによって成分が異なり、使用方法が難しく、ほとんど理解されずに使用されているように思われます。油性ワックスの使用方法については、次回以降掲載させて頂きます。

    (右)乳化性クリームです。

    通常の仕上げに使用します。メーカーによる成分の異なりはありますが、あまり気にせずお使い頂けると思います。ブラシで塗布することを考えると少し柔らかいものがお勧めです。(水分の含有量により、硬さが異なります。硬いものほど水で伸ばしたときツヤがでるような気がします。しかし、硬いものは、柔らかいものに比べブラシできれいに伸ばすことが難しく、デイリーユーズとしては、やはり柔らかいものをお勧めします。

  • 少量の水を布に含ませ、靴全体を拭きあげます。(油分が少し浮いてきます)

    靴 鞄 修理 クリーニング

  • 最後に、乾いたポリッシングコットン生地で磨きます。
    (クリーム、スティンリムーバの使用頻度は靴の使用頻度にもよりますが、2-3週間に一度で十分と思われます。尚、日々のお手入れについては、帰宅後、毛足の長いブラシで埃を落とし、シューシャイングローブで磨けば大丈夫です。)

    靴 鞄 修理 クリーニング

  • 一日履いた靴は汗を含み、反ってきます。シューキーパーで形を整えることはもちろん、履きまわしし負担を減らすことをお勧めします。

    ご紹介のように、要は、肌と同じく、汚れをおとして、栄養分、油分を与えることが革のお手入れの基本です。汚れを落とさずクリームを塗りこんでも(街角の靴磨のように)一時的な誤魔化しにしかなりません。汚れ、臭い落としには、シーズンの丸洗いが最適です。


  • 靴 鞄 修理 クリーニング