靴 鞄 修理 クリーニング

靴 鞄 修理 クリーニング

靴 鞄 修理 クリーニング

鞄 靴 修理 クリーニング
鞄 靴 修理 クリーニング

あれ?昨日まで平気だったのに突然足が臭いだした・・・ 仕事で一日中履いている靴を脱ぐと、靴も足も臭っている・・・

靴の臭いは誰もが悩むことです。臭いが恥ずかしくて人前で靴が脱げない、ヌメヌメ感が気になってお気に入りの靴が履けない、なんてことにならないためには、臭いの対策が必要です。

足の臭い、靴のヌメヌメ感の解消には、「足の洗浄」に加え「靴の洗浄」で悪臭・バイ菌を洗い流すことが効果的です。 靴が衣類のように洗えたらもっと清潔な状態で履けるのに。

シーズンの靴クリーニングシステムはこんな発想から生まれました。

革用洗剤・靴専用洗浄乾燥設備を長年の研究の末、開発することに成功。従来不可能と思われていた、靴の丸洗い+短時間乾燥を可能にしました。

靴のお手入れ=「磨くこと」+「塗装しシミ汚れを隠す」と思っていませんか。 どんなにしっかり磨いたり、塗装でシミ汚れを隠しても「靴の中の臭い、染み込んだアセ、雨や汚れ」をきれいにすることはできません。

シーズンの靴クリーニングシステムは、「いつも清潔なものを身につけたい」というニーズにお応えするサービスです。

靴 鞄 修理 クリーニング
足の臭いの原因は、汗が雑菌に分解されるときに発生するガスです。
靴を履くと、足から発せられる熱と汗が靴の中にたまり、サウナのような状態になります。自分では暑いわけでもなく、体に汗をかいているわけでもないのに、靴を脱いだら靴下が湿っていたという経験はありませんか?
そんなジメジメした環境を好むバクテリアが繁殖し、そのバクテリアが汗を分解するときにあの足の臭いが発生するのです。1日中靴を履いていれば、足はムレ、靴の臭いも混ざり合うので、誰でも多少は臭うものです。

アンケート結果にも表れているとおり、最近では見た目の清潔感のみならず「臭い」=「衛生面」に対する意識が非常に高まっています。
靴 鞄 修理 クリーニング
靴 鞄 修理 クリーニング
靴 鞄 修理 クリーニング 洗浄 革にやさしい天然洗浄成分が、靴表面からデリケートな内部まで浸透。一足ずついたわりながら、丁寧に手洗いで汚れ、ヌメヌメを落とします。
靴 鞄 修理 クリーニング 保湿 バランスよく配合された天然保湿成分が靴全体に潤いを与え、しっとりした感触にし、外部刺激から靴を守ります。
靴 鞄 修理 クリーニング 抗菌・防臭 大豆を主成分とする穀類エキスでつくられた抗菌剤で、気になる臭いやカビから靴を守ります。
靴 鞄 修理 クリーニング 靴 鞄 修理 クリーニング
靴 鞄 修理 クリーニング
靴 鞄 修理 クリーニング

「濡れた靴は日陰でゆっくり乾かします」、皮革のケア方法として一般に認知されている言葉です。確かに、直射日光で皮革を乾かすことは皮革の風合いを損ねる原因になります。しかし、長時間濡れた状態にしておくことも皮革にとっては良いことではありません。

シーズンでは、3,000を超える異なる風合いの皮革をサンプルとし、皮革を乾かす最適な湿度、温度、時間を研究し乾燥機を開発しました。

クリーニング後、シューキーパーで形を整えさらに、保湿剤や抗菌・除菌剤をミスト塗布することで、皮革本来の風合い、臭いが蘇ります。

靴 鞄 修理 クリーニング
靴 鞄 修理 クリーニング

洗浄、乾燥後、色・素材に最適な乳化性クリームで職人が一足一足丁寧に磨き皮革本来の風合いにします。

靴 鞄 修理 クリーニング
シーズンで行っている抗菌消臭剤の抗菌効果を見るために試験を行いました。

この試験方法(ハロー法)は培地に浮遊菌(落下菌のため多種の菌で結構強い菌とされています)を用いて35℃48時間培養し、阻止円を観察して効果を測定したものです。検体にはスニーカーの中敷を用いました。
靴 鞄 修理 クリーニング 靴 鞄 修理 クリーニング 靴 鞄 修理 クリーニング 靴 鞄 修理 クリーニング
検体は洗浄のみ実施 トレー全体に菌が繁殖したことが解る 検体は洗浄+抗菌にて検体周辺に菌の発生は見受けられない 検体は抗菌剤を塗布したのみである、検体の汚れは目立つが菌の発生はない 汚れも菌の発生も最大限である、通常の靴の内部の状況であると判断できる
靴 鞄 修理 クリーニング